幼少の間から腸の調子が悪いのでランチタイムには気を付けております

モーニングには必ずやヨーグルトを食べております。幼少の時分から腸の歩みが素晴らしくなく俺45歳ですが、今でも乳酸菌関連のディナーはしっかり食べております。先ず遺伝性だと思われますが今は亡き女子も望ましく腸の歩みが素晴らしくなく下痢を通じていたそうです。私も同じく幼少の時から同様に下痢を良くしてあり困難でした。ヨーグルトを採り入れるようになってからはある程度は見直しはされましたが多少なりともお腹の調子が悪いとさくっと下痢を起こしてしまう。今年はとりわけ胃の重症の好酸球お腹炎にもなってしまいサイテーでした。根源不明で治療薬もステロイド材しかない結果、現在は経路監査消息筋による毎月の通院を通じておりますが再発の恐れも有る結果、通院は当分続きそうです。あれほどお腹の歩みに気を付けていたのですが残念で振る舞いがありません。減量もまだまだ解禁されておらず厭わしい物は採り入れることが禁止されております。主治医曰く胃に刺激を与えてはいけないとのわけだそうです。その為、今は更なる胃の歩みを気を付けていらっしゃる状態です。乳酸菌はヨーグルト以外の飲料も飲み込む回数も足しました。今の主治医から言われた「ヘルシー受診を行う場合は必ず胃カメラ見立てで行ないなさい」のが頭から離れません。理由はバリウム見立てでは見つからない病が良くあると言われたので今後はそれを守ろうかと思っている最近だ。数値が悪いとお酒の飲み過ぎで肝機能が低下しているという意味ですか?

幼少の間から腸の調子が悪いのでランチタイムには気を付けております